イノセント・ラブ

2004年アメリカ公開 日本未公開映画。

コリン・ファレル主演にしちゃ、とっても静かな映画です。

画像

この映画は、深い感動を覚えるとか 共感したとか 勇気をもらえたとか そんな映画じゃないのよね。
映画観終わった後 記憶に残ったのは ボビーの不器用な生き方と、不器用ながらも もがき苦しむ姿が全く無く 透明感さえ覚える美しさでした。
なんだろ??この不思議さは・・・

本編を観た後、特典のインタビューで ジョナサンの母アリスを演じた シシー・スペイセクが 「原作を読んでない人は すぐに買いに走って!原作もすばらしいから」って言ってたの
ワタシ、女優シシーが好きなんですわ。
シシーの言う事は ちゃんと聞き入れます。
っつーことで 本買いました。
画像

まだ、1ページも読んでないけど・・・。
原作読むと 映画の感想も変わってくると思うのよね、きっと。


この映画
感じ方も 人それぞれ・・・を 通り越して 「好き」「嫌い」がはっきり出る映画でしょうねぇ。
ワタシは 「好き」   コリンがっ!!(*^.^*)エヘッ

私の人生の中では 全くありえない話ですけどね。
一人では生きては行けない者同士 愛を求め 愛を捧げ 家庭を夢見る。
ごく自然のことだとは 思うけれど・・・
不器用な生き方しかできない3人にとっては まさに「この世の果ての家」になるのでしょうか。
今を精一杯生き 愛情を押し付け過ぎる事も無く 身を引くこともわきまえた 3人。

最後は ジョナサンの顔の斑点と 近い将来きっとこの世に一人取り残されるであろうボビーの生き方が気になって仕方ありません。


画像

最愛の兄とボビー(幼少期)
コリンの子供時代というより ジャレッド・レトの子供時代だよこりゃ。
目の色こそ違うけど、目の大きさ 鼻から口元まで ジャレッドにそっくり。

画像

右がボビー(少年時代) コリン化してますねぇ。

画像

ニューヨークに住むジョナサンの家に転がり込んだばかりのボビー
ヒッピー調のロン毛がイケてない・・・

画像

クレアに髪を切ってもらった ボビー ものっそいカワイイっす。

映画の感想書けないので 画像ペタペタで 自己満足

最後に
画像

ちょいと「おとぼけ」が入った女性を演じるシシーが大好き。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「イノセント・ラブ」

    Excerpt: 季節がら、アカデミー賞関連で・・と思ったけどいい関連作が見つからず・・・ コリン・ファレル主演の恋愛ものを。 Weblog: ひらりん的映画ブログ racked: 2007-03-09 03:56
  • イノセント・ラブ

    Excerpt: 1点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) いや~、全く以ってワタクシには合わない映画でした。 もうねぇ、退屈。 ワタクシ的に「退屈極まりない」とはこの映画の事です。 大体、.. Weblog: ぶっちゃけ…独り言? racked: 2007-03-09 06:04
  • イノセント・ラブ

    Excerpt: 劇場未公開作品!アンドレ・アガシ映画出演作(違) イノセント・ラブposted with amazlet on 07.10.10タキコーポレーション (2006/11/03)売り上げランキング:.. Weblog: ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ! racked: 2007-10-11 09:36