東京タワー  オカンとボクと、時々、オトン

帰省中 ワタシのオカンと 観てきましただ。
画像


原作読んでません
TVも観ていません
でも、リリーさんは 知ってます。

映画館で 邦画を殆ど観ないワタシが なんと今年は この映画で3本目です。
30年ぶりですな。。

「バッテリー」の天海祐希
「蒼き狼」の 菊川 伶
そして 「東京タワー」の 樹木希林
やっと安心して 観ていられる 映画でした。
樹木さんのお陰で(?)周りの 俳優も輝いていましたね。

とっても ステキな オカンでした。

隣で観てた ワタシのオカンにも 「ありがとうね」と言いたくなりました。
そして ワタシも息子たちに「ありがとね」と言ってもらえるような
オカンになりたいな、と 思いましたけど・・・無理だべな。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」みんな知ってる物語...

    Excerpt: 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」★★★★泣ける! オダギリジョー、樹木希林主演 松岡錠司監督、2007年 原作がヒットしドラマ化と露出過多気味だけれど やはり見てきまし.. Weblog: soramove racked: 2007-05-06 23:18
  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

    Excerpt: http://pub.ne.jp/tb.php/653825 Weblog: 八ちゃんの日常空間 racked: 2007-05-08 23:11
  • 東京タワー オカンとボクと,時々,オトン

    Excerpt: 母と子,そして父の小さくて大きな物語。 Weblog: Akira's VOICE racked: 2007-05-09 10:22
  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

    Excerpt: 「リアップ」って効果あるのかなぁ? いやいや、これはやっぱり泣けましたぁ~。 特番ドラマを観て大泉洋が良かったし、映画はもうスルーしようかな~と思ってましたけど、ちょうど時間が合ったの.. Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ racked: 2007-05-10 09:07
  • 【2007-52】東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

    Excerpt: いつも笑っていた みんなが好きになった ずっと一緒だと思っていた これは、 ありふれた物語 けれど、 すべての人の物語 ボクの一番大切な人 たった一人の.. Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! racked: 2007-05-10 23:47
  • 映画~東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

    Excerpt: 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」公式サイト リリー・フランキーが亡き母への思いをつづって、200万部を超える大ベストセラーとなった同名の自伝小説の映画化。東京に弾き飛ばされ、故郷に戻ってい.. Weblog: きららのきらきら生活 racked: 2007-05-11 06:15
  • 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』舞台挨拶@丸の内ピカデリー1

    Excerpt: 『蟲師』舞台挨拶@新宿ミラノ1に続いての生オダジョー。あれはホント酷かった(爆)さて田中裕子・大泉洋による2時間ドラマ版、最終回だけ見たw倍賞美津子・速水もこみちによる連ドラ版、そして映画版『東京タワ.. Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο racked: 2007-05-13 09:31
  • 映画~東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

    Excerpt: 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」公式サイト リリー・フランキーが亡き母への思いをつづって、200万部を超える大ベストセラーとなった同名の自伝小説の映画化。東京に弾き飛ばされ、故郷に戻ってい.. Weblog: きららのきらきら生活 racked: 2007-05-13 11:21
  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 観てきました

    Excerpt:  記事を書くのがだいぶ遅くなってしまいましたが、ゴールデンウイーク9日中(5/1,2は出勤日)最終日は東京タワー オカンとボクと、時々、オトンを観てきました。 Weblog: よしなしごと racked: 2007-05-17 04:16
  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

    Excerpt:  一昨年あたりから、母親・昭和30~40年代などをキーワードとした作品が目白押しです。  今回もまたかという感じでしたが、本作はなかなかよい。  一口にいうと、放蕩息子の親孝行話です。  恵まれない家.. Weblog: シネクリシェ racked: 2007-05-21 04:46
  • 東京タワー

    Excerpt: 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン    4月14日より公開  公式ホーム Weblog: いろいろと racked: 2007-05-21 23:08
  • 『東京タワー  オカンとボクと、時々、オトン』

    Excerpt: 大泉さんのドラマは見ました。 もこみち君のは見ていません。   ダメダメなボクはキレイに(オダジョーだからでしょうか)さらりと描かれ、 オカンはとても生々しく見えました。 だから.. Weblog: 映画館で観ましょ♪ racked: 2007-05-24 08:41
  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

    Excerpt: この作品、沢山映像化されてますが未見です。 本は読みました。 映画館客層は、意外にもかなり年齢層が高かったです。 1960年代。 3歳のボクは、遊び人のオトンを捨てたオカンに連れられ、 .. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2007-05-29 17:35
  • オーラの泉 スピチュアル世界 シニアの世界

    Excerpt: オーラの泉 シニア世代の精神世界を楽しくする昨日、土曜ゴールデンタイムに「オーラの泉」を見ましたなんか、真夜中に見ていた番組と違った感じになっていたと思いましたそれはたぶん時間だけのせいでしょう大泉洋.. Weblog: オーラの泉 スピチュアル世界 シニアの世界 racked: 2007-06-17 23:52
  • mini review 07078「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」★★★★★★☆☆☆☆

    Excerpt: リリー・フランキーが亡き母への思いをつづって、200万部を超える大ベストセラーとなった同名の自伝小説の映画化。監督を『さよなら、クロ』の松岡錠司、脚本をリリーと同郷の松尾スズキが担当し、社会現象的なブ.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2007-11-04 16:07
  • 東京タワー オカンとボクと、時々オトン

    Excerpt:  『オカン、ありがとうね。』  コチラの「東京タワー オカンとボクと、時々オトン」は、リリー・フランキーさんの大ヒットベストセラー同名自伝小説をオダギリジョー&樹木希林共演で映画化した4/14公.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2008-01-06 21:57
  • 『東京タワー オカンとボクと、時々オトン』'07・日

    Excerpt: あらすじ1960年代。3歳のボク(オダギリジョー)は真夜中に玄関の戸を蹴破って帰ってきた酔っぱらいのオトン(小林薫)にいきなり焼き鳥の串を食べさせられてしまう。オトンに手を焼いたオカン(樹木希林)はボ.. Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ racked: 2009-05-17 08:56
  • 東京タワー(感想122作目)&疾風伝&メイド刑事

    Excerpt: 東京タワー オカンとボクと、時々オトンは映画Ch鑑賞で 結論はドラマSP大泉&映画オダギリ&連ドラ速水の順番だ 内容は主人公が病気のオカンと酒飲みのオトンとの親子で 主人公が3歳から大学に.. Weblog: 別館ヒガシ日記 racked: 2009-07-11 14:58
  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

    Excerpt: オカン、ありがとうね。 Weblog: Addict allcinema 映画レビュー racked: 2009-07-30 23:35