アクセスカウンタ

<<  2008年9月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


最後の初恋

2008/09/28 21:27

原題「NIGHTS IN RODANTHE」

リゾート地の小さな田舎町 ロダンテで 出会った男女の物語。
なんだけど!
「最後の初恋」って 邦題にしちゃったお陰で
医師のポール(リチャード・ギア)と 親友のホテルを手伝いに来た 主婦エイドリアン(ダイアン・レイン)の 恋愛映画になっちゃった。

ん?それでいいのか・・・・・・。

画像



「至極の恋愛小説を映画化」って チラシ見たときは 
これは パス だなと、思ったけど!
ぬぁんと 
ちーーーっちゃく 「ジェームズ・フランコ」って 書いてあった 
 
ジェームズが 出演してくれるなら
これは パス できない映画だわん。
と、いう事で 早速 観てきました〜〜


「女」を作って家を出て行った 夫に
喘息の息子と 超反抗期の 娘。
芸術の道を諦め 家族の為 に 尽くしてきた エイドリアン。
生活に疲れたってもね 
心底疲れるか?? そんくらいの悩み。

あの生活ぶり見たら お金には 苦労しているように見えなし。
現実味が無〜い。




ワタシは ロダンテで出会った男女の物語より
ロダンテの街で 長く暮らしている 人々の 物語が 心に沁みました。

顔に腫瘍を持ちながら 心美しく生活していた 「妻」と
「妻」のすべてを 愛していた 「夫」
そして 両親から 愛されていただろう「息子」

妻を死なせた男を 前にして 亡き妻への 愛情を 静かに語る シーンは
純真さを 失いかけた 大人達の 心をえぐりとるように 思えました。


このシーンがあったお陰でさ
我が家に戻ったエイドリアンが ポールからの 手紙を 娘たちの目を盗んで 読むところは 正直 呆れたし 子供たちを夫に預け 自宅でポールを待つなんて なんちゅう女だ!って 思っちゃいましたわ。
これが 大人の恋愛でしょうかね?
「女」作って 家を出て行く 夫も夫だけど 「男」作って 家に招き入れようとする妻も妻だと思うよ。


まぁ、ポールとエイドリアンにご立腹でも
ジェームズ・フランコに救われるのが ワタシの良いところ。

画像


出番は少なかったけど 爽やかな 良い息子でした。ハイ。

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


デトロイト・メタル・シティ

2008/09/14 22:23
TVコマーシャルに釣られて・・・観てきちゃったよ♪
画像


松山ケンイチさんって、「蒼き狼」で 初めて知って
日本にも 若手でしっかりした 役者さんって居るんだなぁと思い
その後は 映画・TVで          観てないワ。 アレ?。

「蒼き狼」の時は ガッシリした人だと思ったのに
背が高くて ひょろ〜〜っとした かただったのですね。
ヒールのせい?

画像


オシャレなポップ系ミュージシャンを目指す 根岸君と
デスメタルバンド ボーカルの クラウザーU世 は
同一人物とは思えないほど 対照的なんだけど

画像

このメイクで こういう 屈託の無い笑顔されると・・・
人の良さが にじみ出します・・・。





映画館で観て 良かった〜
ライブは 大音響で聞かなくちゃね(ヘビメタ好きじゃないけどね)



来週の里帰りの列車の中で 原作読んでるよ きっと、、
かなり 嵌まると思う・・・そんな予感。


事務所の女社長の松雪さんが どしても邪魔だったんだけど
原作読んだら 許せちゃう のじゃないかと・・・・・・ドダロ?


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 4


俺たちダンクシューター

2008/09/08 23:30

ウィル・フェレルが また、やってくれました。
画像



俺たちフィギアスケーター ほど 腹抱えて 笑いどうし って訳じゃなかったけれど NBA大好きだったし(ピッペンが引退したのと同時にNBA熱も冷めた) お下劣コメディー 嫌いじゃないし それなりに楽しめたワ。




ABAで最下位が定位置の フリント・トロピックスは ジャッキー・ムーン(ウィル・フェレル)のワンマンチーム。
画像

だって、ジャッキーは『Love Me Sexy』が大ヒット!たんまりの印税のおかげで チームのオーナーで ヘッドコーチで プレヤーなんだもの。

画像


そんな絶好調(本人だけ)のジャッキーはABAのオーナー会議で 今期限りで ABAリーグはNBAリーグと合併すると聞かされる。
画像


ジャッキーは喜び勇んだが 合併するのは 4チーム 残りは解散という とんでもない事実が…。

チーム解散の危機に直面したジャッキーは 今期最終成績の上位4チームに入るべく あの手この手で生き残りを図る・・・


まずは 選手の強化・・・
NBAのチャンピオンリングをもつ モニックス(ウディ・ハレルソン)を入団させる。
画像



次に 実力行使・・・
早い話が 乱闘です ゲームそっちのけ


そして 集客イベント・・・(生き残りの条件です)
画像


命がけ(観客も)

さてさて トロピックスは生き延びられるのか??






チームメイトのクラレンス(アンドレ・ベンジャミン)は
画像


「リボルバー」のチェスの天才アヴィだっ!
本業は ミュージシャン? ・・・ 知らんかった。


モニックスの彼女(モーラ・ティアニー)はERのアビーですけど
画像

いろんな映画にちょい役(失礼)で出ていて キラリと光る事は光るんだけど・・・すぐに彼女が出ていたこと忘れちゃう・・・って〜 女優さんです(失礼)。



画像

このお二人さん。
チーム専属の解説者なんだけど。
万が一 チームがNBAに入ったとしても この二人は使えない・・・ダロ
面白いけどなぁ。
この映画で 笑ったのは この二人の場面が多かったと思う。


バスケットだし ウィルだし アメリカじゃ相当ヒットしたんだろうけど
ワタシはやっぱり ジョン・へダーとの フィギァ・スケーターのほうが 断然笑えたな。







気を失っている間に天国の母から頂いた秘策 アリウープは ABAが発祥なんですねぇ。3ポイントも元々はABAからだそうです。
簡単そうに見えるアリウープですが なかなかどうして。
ディフェンスされている中で やっちゃうスーパープレーですから そうそうお目にかかれるものじゃありません。ホームなら割れんばかりの歓声ですよ。

NBAをよく見ていた頃  なんたって
ピッペンからのパスでジョーダンのダンク
B・J・Aからのパスでピッペンのダンク が瞼に焼き付いてます。 
もう芸術でした!!

ABAは 67〜76年まで 実在したバスケットリーグで この映画は半分くらい実話だそうです。半分くらい・・・って!?
ちなみに NBAに吸収されたABA4チームは

提督ロビンソンが居た サンアントニオ スパーズ  
お行儀の悪かった D.コールマンが居た ニュージャージー ネッツ   
ブロック王 ムトンボが居た デンバー ナゲッツ
3ポイントの名手 レジー・ミラーが居た インディアナ ペイサーズ 
 
ムトンボ以外 みんな 引退しちゃったなぁ って、ムトンボ何歳??



いやぁ ホント  バスケっていいですね。見る分には・・・

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0


幸せの1ページ

2008/09/06 22:29
公開初日に 早速観てきましたっ!
画像


少女ニム(アビゲイル・プレスリン)が 活き活きとしていて 可愛かった〜。







地図にも載っていない南の島で 海洋生物学者の父とたった二人で暮らすニム。
友達は島の動物たち。生きるための術を教えてくれるのも 動物たち。
画像

優しい父と 動物たちにかこまれ 幸せに過ごしていた。


数ヶ月に一度届く 生活物資の中には ニムの大好きな冒険作家 アレクサンドラ・ローバーの本が入っていた。
画像





一方、冒険作家のアレクサンドラ・ローバーは 冒険作家なのに引きこもりで極度の潔癖症。玄関から数歩の郵便受けにも行けない有様。
その上、締め切りが過ぎているのに スランプからは抜け出せない。
アイディアを探している時 火山の麓に暮らしている ニムの父ジャックの記事が目に留まる。
スランプから抜け出したい思いで ジャックに協力をお願いするメールを送ったが。

ジャックは研究のため ニムを一人残し島を離れた後だった。

画像





3日後に島に帰ってくるはずの ジャックは帰ってこない。
その間に アレクサンドラの依頼で 火山を見に行き怪我したり 嵐がやってきたりで 元気一杯だったニムも 不安と寂しさが募り 冒険家だと信じているアレクサンドラに SOSのメールを送る。




メールを受け取った アレクサンドラは 
ニムが少女で たった一人で島にいる事を知り サンフランシスコから他力本願で なんとか助けてあげようと 試みるが・・・
画像



さて、アレクサンドラは ニムを助ける事は出来るのか??





これは、アドベンチャー映画ですよ!アレクサンドラの。。
「ハムナプトラ」より ワクワク・ドキドキ しちゃったよ
吹替えがあったらお子様も楽しめたのにね。
大人だけじゃ 勿体無いよ。


ジョディ・フォスターなんですが、冷静沈着 眉間に皺寄せて 愛する者を守るため 力を込めた演技より この映画のような 可愛い頑張りのほうが ステキです。
待たせたタクシーに乗るため ドアから出なくちゃならないのに 出られない・・・。
間口に 足を引っ掛けて 抵抗していた姿が もう 最高でした。

長い間引きこもって 意を決してやっと1歩外に出た途端
タクシーに乗って、飛行機に乗って プロペラ機に乗り継いで ボートに乗って ヘリに乗って 客船にたどり着き ボート漕いで 海に落ちる・・・なんて。
画像

着ていた物が段々 無くなり?どんどん身軽になって
最後には スカートが ボロボロ。

引きこもりでなくても こんな過酷な目には そうそう会いませんって(笑)


画像

二役をやった ジャラルド・バトラーでしたが アビゲイルとジョディにすっかり 影を潜めちゃいましたね。



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 23 / コメント 2


<<  2008年9月のブログ記事  >> 

トップへ



・映画以外の好きなもの
  あれこれ

リンク・我が家

201X 映画観てきましたっ! 2008年9月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる