ロビン・フッド

11/25 道新ホールでの試写会で
観てきましたっ!

画像



イライラ  モヤモヤ  スッキリ が
ほどよーく 味わえて

ラッセル・クロウ と ケイト・ブランシェットが
とってもステキで


「ER」Dr.アーチー(スコット・グライムズ)が
なんか、失敗しちゃうんじゃない??って
ドキドキ ハラハラ 心配しちゃったり。


公開されたら また 観ようかな!って思える
上質な 映画でした。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

太亜取
2010年12月17日 23:48
復活おめでとうございます。

この記事へのトラックバック

  • 【映画】ロビン・フッド(2010)

    Excerpt: <ロビン・フッド を観て来ました> 原題:Robin Hood 製作:2010年アメリカ ←クリックしてね。ランキング参加中♪ 試写会にて鑑賞しました。「グラディエーター」のリドリー・スコット.. Weblog: ★紅茶屋ロンド★ racked: 2010-12-04 15:49
  • ロビン・フッド

    Excerpt: ロビンの名を借りた英国奮起ドラマ。  Weblog: Akira's VOICE racked: 2010-12-10 15:27
  • 映画:ロビンフッド Robin Hood 運命的にヒーローになる男の姿。すぐにでも続きが見たい(笑)

    Excerpt: 2時間20分もあるというので、実は、ちょっと焦っていた。 (最近、ちょっと根性ない) のだが、 始まって早々に悟る。 リドリー・スコット印で「つまらない訳ないじゃない」と! ストーリー構成が見事.. Weblog: 日々 是 変化ナリ ― DAYS OF STRUGGLE ― racked: 2010-12-11 01:27
  • 映画「ロビン・フッド」感想

    Excerpt: 映画「ロビン・フッド」観に行ってきました。 12世紀末のイギリスを舞台に伝説上の無法者(アウトロー)にして弓の名手とされるロビン・フッドの活躍を描いた作品。 物語は、十字軍で有名なイングランドのリ.. Weblog: タナウツネット雑記ブログ racked: 2010-12-16 00:08
  • 『ロビン・フッド』 歴史が生み出すヒーロー像の違いとは?

    Excerpt:  ユーラシア大陸の西端と東端に、それぞれちっぽけな島国がある。  12世紀末、東端の島では源頼朝が征夷大将軍になり、武家政権を確立していた。  同じころ、西端の島では十字軍と称して大陸へ侵攻してい.. Weblog: 映画のブログ racked: 2010-12-17 01:03
  • 映画『ロビン・フッド』劇場鑑賞

    Excerpt:  久しぶりに映画館へ行きまして、リドリー・スコット監督&ラッセル・クロウ主演の『ロビン・フッド』を観て来ました。  舞台は12世紀末のイングランド。  弓の名手のロビン・ロングストライド(ラッ.. Weblog: 続・蛇足帳~blogばん~ racked: 2010-12-22 19:33
  • ロビン・フッド

    Excerpt:  きっと痛快無比な映画に違いないという予感がして、『ロビン・フッド』を見に、TOHOシネマズ日劇に行ってきました。こうした冒険活劇を見るなら、大画面を備えた劇場に限ると思ったものですから。... Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2010-12-26 07:30
  • 映画:ロビン・フッド

    Excerpt:  キック・アスを観に行ったら最前列3列しかあいていないと言われ、翌日のチケットを購入。そのまま帰るのもしゃくなのでロビン・フッドを観てきました。2010年に鑑賞したのですが、レビューアップ.. Weblog: よしなしごと racked: 2011-01-07 03:12
  • ロビン・フッド

    Excerpt:  『彼は闘いのカリスマ。その生き様は伝説。』  コチラの「ロビン・フッド」は、中世イングランドの伝説の義賊”ロビン・フッド”を映画化した12/10公開のヒストリカル・アクショ ... Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2011-01-16 19:21
  • ロビン・フッド (Robin Hood)

    Excerpt: 監督 リドリー・スコット 主演 ラッセル・クロウ 2010年 アメリカ/イギリス映画 156分 アクション 採点★★★★ なんとも当たり前の事なんですが、伝説の人物って、その伝説の部分が面白いから人.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2011-04-20 16:32