紙の月


う~~~~~~~ん
唸ってしまう・・・
「紙の月」を 観てきましたっ!

画像


原作を読んでいないので 細かいところは
よくわからないですが、

徹夜もしたことがないほどの まじめな人が
堕ちてゆく。
凄まじい速さで 思いも寄らぬ場所へ

偽物の中で 生きていることを知っているのに
偽物の中で 自由は得られないのに
解放されたいと 願いつつ
雁字搦めの 世界に 身を沈める。


ノートに 定規を使って 罫線を引き
ただ一つの 真実を残す

記録してしまうんだよね
癖なんだよ、性格なんだよ 
几帳面さが こんな時でも 出てしまう
思わず鼻で笑ってしまった
上司と不倫して あっという間に無難な男見つけ
寿退社するような 女には
決して思いつかない ノートだよなぁ。


高校時代の彼女から すでに
横領犯 は出来上がっていたんだ。
映画を観てから 
「うそつきは 泥棒の始まり」が頭の中で ぐるぐると回ってます。



宮沢りえ と 小林聡美の ラストシーンが
良かったです。

画像


小林聡美演じる ベテラン行員が
「横領犯」にならずに 居続けられている訳
う~~~~~~~ん 
唸ってしまう。
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック